<% content.title %>スポンサードリンク


タラバガニって


タラバガニ(鱈場蟹)Paralithodes camtschaticus は、エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・タラバガニ科。
名前に「カニ」とありますがヤドカリの仲間です。

タラバガニは、日本海、オホーツク海、ベーリング海を含む北太平洋と北極海のアラスカ沿岸に分布しています。

タラバガニ(鱈場蟹)という和名はタラバガニの生息域がタラの漁場と重なることに由来しています。

大型のタラバガニは甲幅は25cm、脚を広げると1mを超えます。

そして、タラバガニの甲はなんとなく五角形をしています。

また、カニといえば普通、横方向に移動するのが一般的ですが、タラバガニは縦方向に移動できます。

日本では「農林水産省令・「タラバ」蟹類採捕取締規則」という法令があり、タラバガニのメスの採捕が禁止されています。

でも、タラバガニの販売についての規制は特になくて、ロシアからの輸入タラバガニが「子持ちタラバ」として流通しています。

タラバガニは、塩茹でや蒸しタラバガニとして流通することが多く、そのまま食べる以外にも様々なタラバガニ料理に使われます。

タラバガニの半透明の生身を刺身で頂くこともありますが、加熱したタラバガニより繊維質が強靭で、旨みも薄いと言われます。。

近縁種のアブラガニはタラバガニとよく似ており、しばしばタラバガニと混同されることもありますが、アブラガニを「タラバガニ」と表示して販売することは禁止されています。

アブラガニとタラバガニの違いは体の中央の突起がタラバガニは6つ(アブラガニは突起が4つだけ)であることで区別できます。

posted by ラテスJP at 08:17 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。