<% content.title %>スポンサードリンク


ケガニって


ケガニ(毛蟹)Erimacrus isenbeckii は、エビ目・カニ下目・クリガニ科のカニ

北西太平洋の沿岸域に広く分布するカニ

ケガニは最大で甲長120mmに達し、オスの方が大型になります。

殻はあまり硬くはありませんが、短い剛毛が密生していて、ケガニの名前はこれに由来します。

ケガニは日本海沿岸、茨城県以北の太平洋岸からアラスカ沿岸まで、太平洋北西部とその縁海に広く分布しています。

おおよそ水深30-200mほどの、浅海の砂泥底に生息しています。

ケガニの食性は肉食性で、多毛類、貝類、他の甲殻類、小魚などを捕食します。

繁殖期は基本的に春でケガニのメスは産んだ卵を他のカニと同様に腹脚に抱えて保護します。

ケガニは孵化するまで1年かかり、メスは通常隔年で産卵します。

ケガニのメスは隔年でしか脱皮できないため、オスより成長が遅れます。

ケガニは繁殖力が低く、乱獲されるとなかなか漁獲量が回復しないカニです。

ケガニは分布域ではズワイガニタラバガニなどと並ぶ重要な水産資源で、おもに籠漁で漁獲されます。

塩茹でや焼き物、缶詰などに加工され、身をほぐして色々なケガニ料理に使われます。

ズワイガニタラバガニに比べると体が小さく可食部も少ないのですが、身に甘みがあり、カニミソの量が多いのがケガニの魅力。
posted by ラテスJP at 06:54 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。