<% content.title %>スポンサードリンク


ベニズワイガニって


ベニズワイガニは、甲殻類十脚目短尾下目クモガニ科ズワイガニ属のカニ

ズワイガニによく似ていますが、ベニズワイガニは赤みが強いことやオスの足が長いなどの特徴で区別ができます。

ベニズワイガニは、籠(かご)で漁獲されます。

ベニズワイガニは6〜8月は禁漁です。また、9cm以下のオスとすべてのメスは、周年にわたって漁獲できません。

ズワイガニに良く似ていますが、ベニズワイガニは色が橙赤色で、ズワイガニよりも深いところに生息しています。

ベニズワイガニの主な分布水深は800〜1200mとされています。
ズワイガニは50m-1200m ほど)

ベニズワイガニの漁獲方法はかごが主で、島根県の隠岐地域がベニズワイガニ漁業発祥の地と言われています。

ベニズワイガニは主に加工用(カニの棒肉、フレーク、エキス)として利用されていますが、鮮魚としての需要も高いカニです。
posted by ラテスJP at 07:07 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。