<% content.title %>スポンサードリンク


タカアシガニって


タカアシガニ(高脚蟹・学名Macrocheira kaempferi)は、エビ目・カニ下目・クモガニ科に分類されるカニ

タカアシガニは、日本近海の深海に生息する巨大なカニで、世界最大の現生節足動物である。

カニ類の中では系統的に古い種で、タカアシガニは生きている化石とよばれています。

現生のタカアシガニ属 (Macrocheira属)は1属1種だけのカニですが、他に化石種が2種類報告されています。

タカアシガニの全身は橙色のカニですが、脚には白色のまだら模様が入っています。

タカアシガニの脚は非常に細長く、成体のオスでは鋏脚(ハサミの足?腕?)が脚よりも長くなり、大きなオスが鋏脚を広げると3mを超えてしまいます。

タカアシガニの甲羅は最大で甲幅30cm、甲長40cmほどの楕円形のカニです。

タカアシガニは日本近海の固有種で、東北から九州の太平洋岸の、水深150-800mほどの深海砂泥底に生息します。

特に水深200-300mに多いのですが、春の産卵期には、水深50m程度の浅いところまで移動して産卵します。

タカアシガニは小型底引き網(トロール網)などで漁獲され、塩茹でや蒸しカニ等にして食用にされます。

タカアシガニはメスの方が美味しいカニという話もあります。

タカアシガニの漁場は相模灘、駿河湾、土佐湾、伊豆七島周辺などですが、カニの産卵期の春は禁漁となっています。

特に漁が盛んな駿河湾ではタカアシガニを観光の名物にしていますが、近年はこのカニの漁獲が減少しているため、資源保護の動きもあります。

和歌山県ではタカアシガニの産卵期の春に浅瀬に移動するカニを漁獲しています。

タカアシガニの性質はおとなしく、また飼育のし易さ、目を引く点、個体の補充しやすさから水族館などでも飼育されているカニです。


posted by ラテスJP at 07:28 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。