<% content.title %>スポンサードリンク


ハナサキガニって


ハナサキガニ(花咲蟹)Paralithodes brevipes は、エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・タラバガニ科のカニ

ハナサキガニは、タラバガニの近縁種で食用に漁獲されるカニです。

名前に「カニ」とあるが、ハナサキガニはヤドカリの仲間に分類されます。

ハナサキガニは、甲幅・甲長とも15cmほどで、甲殻類としては大型ですがタラバガニほどではありません。

甲は後部中央が少しへこんだハート型をしていて、タラバガニよりも体のとげが長く、脚は太く短い。

ハナサキガニは北海道北東部からオホーツク海、ベーリング海周辺まで分布しているカニです。

和名の「ハナサキガニ」は、漁獲地となっている根室の地名「花咲」に由来するそうです。

水深50m以浅の海に生息し、ハナサキガニの若いカニはタイドプールなどごく浅い海岸域にも現れます。

ハナサキガニタラバガニアブラガニと同様重要な食用種で、沿岸域では盛んに漁が行われています。

ハナサキガニは殻が硬くて棘も多いので、殻を剥く際はキッチンバサミなどが必用です。

大味と評されることもありますが、ハナサキガニは脚の肉が太く身も多い。

ただし油分が多く味にボリュームがあるので、ハナサキガニは大量に食べるには向かない。

とくにハナサキガニを刺身など生で食べる場合は油分に加え、独特の甘い香気があるためなおさらです。

塩焼、塩茹でなどの他、ハナサキガニの脚のぶつ切りを味噌汁に入れた「鉄砲汁」なども作られます。

posted by ラテスJP at 07:40 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。