<% content.title %>スポンサードリンク


アブラガニって


アブラガニ(油蟹)Paralithodes platypus は、エビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・タラバガニ科のカニ

名前に「カニ」とあるがヤドカリの仲間に分類されます。

タラバガニに近縁で食用にもなるが、偽装表示されて流通したことが問題となったことがあります。

アブラガニは甲幅20cmほどで、タラバガニよりは小型で、爪がやや長い。

アブラガニは甲羅表面の心域(甲のH字模様の中央下の区画)に4個のとげ状突起があり、6個のタラバガニと区別できます。

ただし、アブラガニにもごくたまに5-6個ある個体が見つかります。

アブラガニの名前の由来は、カニミソが脂っぽいという説と、甲羅の表面に油を塗ったような光沢があるという説の2つがあります。

アブラガニは日本海、オホーツク海、ベーリング海沿岸域に分布し、特にベーリング海北部で多く漁獲されます。

アブラガニタラバガニと同様に食用に漁獲されるが、アブラガニの漁期は1月-6月でタラバガニの漁期は7月-12月と重複せず、流通期間も異なる。

アブラガニは旬を外すなどで味の落ちたタラバガニと比べると遜色が無くなると言われます。

アブラガニは度重なる報道により知名度が向上し、値段も相応に安くなったので、消費者による指名買いも増えているといいます。
posted by ラテスJP at 07:54 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。