<% content.title %>スポンサードリンク


アサヒガニって


アサヒガニ(学名Ranina ranina)は、エビ目・カニ下目・アサヒガニ科に分類されるカニです。

浅い海の砂泥底に生息するカニで、食用のカニとして漁獲されます。

アサヒガニは甲幅15cmほどの大型のカニで、全身が赤橙色をしており甲羅は丸っこく、小さな突起がたくさんあります。

このカニの鋏脚は左右が同じ大きさで、平たい鎌のような形をしていて、はさみの部分が内側を向いています。

アサヒガニの歩脚は全てがガザミ類の遊泳脚のように平たくなっていて、砂底をかいて砂にもぐるのに適した形をしています。

また、他のカニと違って腹部が頭胸甲の下に折り畳まれておらず、歩脚の間に突き出ているのが特徴で、カニとしては原始的な形態を残しています。

このカニの甲羅、歩脚、腹部の縁には褐色の毛が多く生えています。

なお、日本近海に生息するアサヒガニ科のカニの中ではアサヒガニが最大のカニになります。

アサヒガニ科のカニは英語でFrog crabと総称されますが、これは全体的なこのカニの外見がカエルの姿勢に似ていることに由来しています。

アサヒガニは、ハワイ諸島以西からアフリカ東岸まで、西太平洋とインド洋の熱帯域に広く分布しているカニで、日本でも本州中部以南に分布します。

アサヒガニは水深20-50mのやや深い砂泥底に生息し、歩脚で砂底を掻いて後ずさりするように砂泥にもぐり、複眼だけを出しています。

食性は肉食のカニで、貝類やゴカイなどいろいろな小動物を捕食します。

アサヒガニの旬は冬で、日本では九州南部で多く漁獲されます。

アサヒガニの甲羅の中には白い身と黄褐色の”カニミソ”が詰まっていて、塩茹でや鍋料理などで食べられています。

美味なカニとして祝いの席などに出されることもあります。


posted by ラテスJP at 07:17 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。