<% content.title %>スポンサードリンク


ノコギリガザミって


ノコギリガザミの標準和名は「アミメノコギリガザミ」です。

アミメノコギリガザミ(英名:Mud Crab 学名:Scylla serrata (Forskal))は、ガザミ (俗にワタリガニと呼ばれる)というカニの仲間です。

海外ではマッドクラブ(泥蟹の意)、マングローブクラブ、日本では地域によってドーマン、ドウマン、甲丸とも呼ばれるカニです。

このカニは主に熱帯や亜熱帯のマングローブの根元や河口の汽水域の泥地に生息しているカニで、日本では房総半島以南から浜名湖、高知県の浦戸港、沖縄などに生息しています。

アミメノコギリガザミは海外では、アフリカの東海岸からインド、東南アジア、オーストラリア、南太平洋諸島などで捕獲されています。

アミメノコギリガザミは夏が旬のカニで高級食材として利用され、独特の強い甘みをもっています。

このカニの甲羅は直径(殻幅)20cm以上にまで成長し、大きなツメが特に美味なカニといわれます。

このカニは甲羅の上部にノコギリのような等間隔のギザギザがついていることからノコギリガザミと呼ばれます。

アミメノコギリガザミは左右のツメの大きさが均一でないカニで、一方のハサミは比較的小さく鋭く切るハサミで、比較的大きいもう一方は人間の奥歯のように砕く役割になっています。

このカニの一番下の脚の先端は、他のワタリガニ類と同様に平たくなっていて、泳ぎやすい水かき状になっています。

縄張り意識が強いカニで、特にカニのオス同士が鉢合わせると喧嘩をしますが、戦いの時に失ったカニのツメや足は脱皮後にまた生えてきます。

このカニは水中だけでなくエラに残った水分を利用して空気中でも呼吸ができるため、ある程度の湿度を保持できれば箱に入れても数日生きています。
posted by ラテスJP at 07:36 | カニ
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。